黄茶・霍山黄芽・黄大茶

黄茶・霍山黄芽・黄大茶

販売価格: 2,040円(税込)

在庫数 27点
数量:
【名前】霍山黄芽・黄大茶
【産地】安徽省霍山
【季節】2018年春
【期限】2021年12月
【重量】20g
【効能】抗癌作用、老化防止、熱射病予防、肝臓の保護等。
【製法】摘む - 殺青 - 悶黄 - 乾燥。(黄茶)
【保存】常温で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】柔らかな黄色で針のように真っすぐな形。
【特徴】純度の高いあっさりとした香りが最高級

霍山黄芽は安徽省西部の霍山山脈の東渭河の上流一帯で生産されたお茶です。
ここは山、川、新鮮な空気、雲霧、肥沃な土地という素晴らしい環境です。
海抜が600メートル以上で年間降水量は約1100〜1600mmです。
茶樹の生長にとって非常に理想な生態環境となっています。
その素晴らしい環境で育ててきた茶葉は、
独特な魅力を持っていると思います。

唐の時代から霍山黄芽は生産されていました。
毎年「清明節」の前に摘むお茶(明前茶)は、
東渭河の上流一帯で収穫される最上級のお茶と呼ばれ、
「貢品」という名が付けられました。
この「貢品茶」と呼ばれてから霍山黄芽は、
1000年以上の歴史を刻んでおります。

悠久なる歴史のある霍山黄芽の伝統製茶技術は、
1971年に新しい技術へと進化しました。
それから、中国中央政府の専用茶となり、
2007年霍山黄芽は省級非物質文化の遺産とされ、
2008年霍山黄芽は「奥運五環茶」とされ、
外国人の選手に中国から贈答用茶葉に選ばれました。


[黄大茶の形状]
黄茶は鮮葉の柔らかさによって、
黄芽茶、黄小茶、黄大茶の3種類に分けられます。
最も有名な黄大茶は霍山黄大茶と広東大葉青です。

葉芽が丈夫でふっくらとし、
葉は細長く、茎と葉は繋がり、色は褐色に黄色を帯びています。
均整で綺麗な形です。

[黄大茶の茶湯]
乾茶から炒った麦のような香りがたいへん芳ばしいです。
淹れている先から香りが溢れ出てきます。
湯色は深い黄色。味わいはやや濃いですが、
渋みはなく、ちょうどよい旨みとやさしい甘さがあります。
純粋な芳ばしい香りと甘さのバランスが絶妙です。
何煎でも美味しさが続きます。


[黄大茶の葉底]
原料は発酵程度と焙煎程度が霍山黄芽伝統より高いので、
葉底の色は黄色の中に褐色が見えます。
新芽も一定の程度に含まれているので、
葉底とも柔らかいです。
均一さがある綺麗な葉底です。
黄茶・霍山黄芽・黄大茶

販売価格: 2,040円(税込)

在庫数 27点
数量: